亡霊参拝を止められない日本が未来を語れるのか

广东平特一肖再战江湖

2017-11-15

亡霊参拝を止められない日本が未来を語れるのか

首先,鸡蛋吃多了,胆固醇容易升高。

亡霊参拝を止められない日本が未来を語れるのか

1945年8月15日、日本が無条件降伏を発表し、世界反ファシズム戦争は最終的勝利を得た。8月15日にどう向き合うかが、日本が歴史を正しく受け止められるか否かの試金石となって久しい。

だが72年後のこの日、安倍晋三首相はA級戦犯を祀る靖国神社に、再び代理人を通じて祭祀費(玉串料)を奉納した。安倍氏が敗戦記念日に間接的に亡霊を参拝(靖国神社に参拝)し、軍国主義のために招魂するのは、これで5年連続だ。安倍氏が同日の全国戦没者追悼式でアジア各国に対する加害責任に5年連続で言及しなかったことも同様に注目される。

(人民日報「鐘声」国際論評)靖国神社は日本の侵略戦争に対して責任を負う第2次大戦のA級戦犯を祀っており、いかなる形であれ亡霊参拝は、戦後の国際秩序と国際正義に対する挑発であり、平和に対する冒涜だ。平和を愛する全世界の人々はこれに断固反対している。「盧溝橋事変」(盧溝橋事件)と南京大虐殺から今年で80年となる。80年前、日本は「盧溝橋事変」を計画的に引き起こし、対中全面侵略戦争を発動して、中国民衆に未曾有の甚大な惨禍をもたらした。同年12月、中国侵略日本軍は南京に荒々しく侵入し、残酷な南京大虐殺を行ない、中国人30万人がむごくも殺戮された。日本軍国主義の犯した途方もない大罪を覆い隠すすべはなく、歴史の真実の歪曲は許されない。日本政府は懸命に歴史を否認し、隠蔽するが、その度に事実が力強い反撃を与える。8月14日、日本軍「慰安婦」生存者の現状を反映する記録映画『二十二』が中国で公開され、歴史を鑑とする13億中国人民の姿勢がはっきりと示された。少し前、日本軍の労働者強制徴用を反映する映画『軍艦島』が韓国で上映され、「地獄島」で起きた悪行を知る人が増えた。8月13日、NHKが特別番組「731部隊の真実」を放送。731部隊が罪を認める20時間余りの録音を発掘し、同部隊が中国侵略戦争で犯した途方もない大罪をありのままに復元した。日本政府は当時の歴史を直視できず、またそれを望まず、右翼政治屋は侵略戦争を力の限り覆い隠し、美化しさえするが、それでも少なからぬ日本の識者が揺るがず若い世代への「補講」に尽力し、日本がかつてアジア近隣国に与えた甚大な惨禍を語っている。